シマリスの飼育方法

シマリスが冬眠する温度はどれぐらい?

ペットとして飼っているシマリスは秋口から冬にかけて冬眠の準備を始めます。

外気温が下がってくると冬眠にはいりますがどれぐらいの気温で冬眠するのでしょうか?

 

シマリスが冬眠する温度

シマリスは気温が10度以下になってくると冬眠に入るようになります。

 

10度を下回ったからといってすぐに冬眠するわけではありませんが、冬眠モードに入ると睡眠時間が長くなり、なかなか起きてこなくなります。

 

このときに急激に温度を上げたりすると、体がびっくりしてストレスになってしまいますので、10度を下回った場合は、エアコンやパネルヒーターなどで徐々に気温を上げていきましょう。

冬眠したほうがいい?

ペットのシマリスは冬眠しない方がいいとされています。

 

これには様々な理由がありますが、冬眠するということは、暖かくなると目を覚まします。

 

この起きてくるという時に非常に大きなエネルギーを必要とします。

深い眠りであればあるほど、起きるのも大変になります。冬眠前に空腹であったり、エネルギーの貯蓄が十分でない場合は、起きることができずに死んでしまうこともあります。

 

そのため、冬眠はさせないほうが良いというのがシマリスの飼育では言われています。

野生のシマリスは?

野生のシマリスは自然の中で、気温の変化がさらに激しいように思いますが、その変化は部屋の中の変化よりも早い時期に感じられます。野山では防寒することも難しいため、ちょっとした変化から明日は寒くなる、雨が降るといったことも感じられます。

 

部屋の中で飼育されていては、日照時間もカーテンなどによって遮られ本来の時間とずれてしまったりします。

 

野生のシマリスは、季節を先取りして行動するため、自然に適応し易くなっています。

 

また、運動量も多く筋肉量も多いため、シマリス自体の代謝もよく発熱し易くなっています。

 

また、地中深くに穴を掘ったりして静かな環境で変化が少ないこともあげられます。

 

飼育の適温は?

シマリスを飼育するのに最適な適温は20度前後です。

春の気温で長袖のTシャツを着て行動できるぐらいの温度でしょうか。

 

暑い夏にも気温の対策が必要ですが、秋口から温度変化が大きくなってきますので、早めにケージにヒーターを入れてあげてください。

 

このような電球ヒーターで全体を温めてあげて、15度を下回って来た場合は、巣箱にペットヒーターを敷いてあげるとよいでしょう。

 

気をつけて見ていないとトイレの中で冬眠していたり、ケージの隅で寝てしまったりすることもありますので、ヒーターを入れたから放っておいても大丈夫だということはありません。

定期的に様子を観察してください。

-シマリスの飼育方法

PAGE TOP

Copyright© animal-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.