シマリスの生態

シマリスのにおいと対策

ペットとしてシマリスを飼いたい人であれば、シマリスのニオイは気になるところです。特に室内で飼育する動物のため、ニオイには気を使いたいところです。

 

ペットショップでは、様々な動物と一緒に飼育されているため、ペット独特のニオイを感じるかもしれせん。

 

シマリスは臭うのでしょうか?実際に感じたこと記述しました。

シマリスは臭う?

実際に、シマリス自体のニオイはほとんどないといっていいでしょう。飼育暦が10年以上のため、感覚が麻痺していると言われかねませんが、シマリスの生体にはほとんどニオイはありません。ケージで顔を近づけて10cmほどの距離でにおってみても、これがシマリスのニオイかという感じはしません。

 

 

しかし、正直に言うと、シマリスよりもケージの方が動物のにおいがするなといった感じがします。

 

毎日ケージを洗っているわけではなく、ケージ自体はひと月に一回水洗いする程度ですので、ケージの方にニオイがついている気がします。

 

ニオイの原因は糞尿

動物のニオイを感じる場所といえば、やはり、トイレとその周辺です。消臭効果のあるトイレの砂を使ってはいますが、シマリスは必ずしもトイレで糞尿をするわけではありません。そのため、トイレよりもトイレの回りやその周辺が、ニオイの元になっている気がします。

 

 

特に飼い始めたころはまだトイレを覚えているわけではありません。あちこちで糞尿をするため、これが原因でニオイが発生することはあります。

 

 

ニオイの原因は、糞尿でこれらに含まれるアンモニアが刺激臭となって人間が感じる不快なにニオイとなります。糞尿を放っておくと、雑菌が繁殖しこれからニオイがでることもあります。

ニオイの対策

一番のニオイ対策はすぐにふき取って綺麗にすることです。ふき取ってしまえばニオイは消えますので、不快に感じることはありません。

 

次に、トイレを覚えてもらい、トイレ以外でのフンやおしっこをすることを少なくしてもらうことです。完全にトイレだけで糞尿をするようにしつけることはできませんが、ある程度トイレを覚えてはくれます。

 

 

その他の対策としてはトイレ用の吸水シートを下に敷いておき、ケージ外にしてしまうおしっこを吸い取ります。そして、トイレを改造して、出入り口を小さくして中を広くすることで、トイレから砂やフンなどが飛び出ないようにしています。

 

回転ホイールは取り付けない

シマリスの運動不足を気にして、ホイールを取り付けている飼い主さんもいるかと思いますが、シマリスは走っているときに糞尿をしますので、ホイールで走りながらおしっこをしてしまったりします。これがにおいの原因となります。ホイールで運動させるのではなく、ケージ自体を大きくして、トイレに行くことを覚えてもらいましょう。ケージが大きくなれば運動不足の解消もできます。横に広げるのではく、高さのあるケージを選ぶのがいいでしょう。

 

 

まとめ

ペットと一緒に生活を送るのであれば、ニオイも気になることだと思いますが、きちんと掃除していれば、気になるようなニオイではありません。それゆえにシマリスは初心者の方でも飼い易い動物と言われているのでしょう。フンや尿がニオイの原因となるのでこれさえクリアすれば不快なニオイがでることは、ほとんどありません。こまめにケージ内を掃除して綺麗にしてあげることで、シマリス、そして人間も気持ちよく暮らしていけるでしょう。

-シマリスの生態

PAGE TOP

Copyright© animal-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.