シマリスの飼育方法

シマリスのケージの選び方

シマリスのケージはほとんどの時間を過ごす生活空間です。
レイアウトや形状を考えストレスなく過ごせるようなケージ選びとレイアウトを考えたいものです。

シマリスは地面を走り木に登り飛び回ったりするため、ケージの広さに加えて高さも必要になります。

 

食事場所、就寝場所、遊び場所と活動にあわせてケージ内のレイアウトを決定します。

 

もちろん人間が掃除しやすいレイアウトにすることも大切です。

 

ケージの選び方とレイアウト

サイズ

できるだけ大きな物を選ぶのが理想です。広さに加えて高さも必要になります。

 

少なくとも50cm幅はあるのもにして予算や設置場所に応じてできる限り大きくしたいものです。

 

あまりに小さいと、運動不足でストレスを溜め込んだりケージにぶつかったりして怪我をする恐れがあります。

 

金網の幅

リスやハムスター用の網目の小さなケージであれば問題ありませんが、犬猫用のケージなど一見するとリスの大きさから抜け出ることはないだろうと思われるケージでも案外狭いところをシマリスは抜けてきます。

 

挟まってしまったりする危険もありますので金網の幅は小さなものを選びましょう。

 

材質

ハムスターなどは、プラスチック製の衣装ケースなどで飼育している人もいるようですが、シマリスには適していません。

 

プラスチックはシマリスが噛んで穴を開けることができますし、ヒーターのコードを通していたわずかな隙間から抜け出ることもあります。

うちのシマリスもケージの掃除のために一時的に衣装ケースに避難してもらっていましたが、ほんのわずかな隙間からものの数分で穴を開けて逃げ出しました。

 

幸いにも家の中であったため、すぐに戻ってきてくれましたが、一度逃げ出すとそう簡単には捕まりません。

 

 

ケージを選ぶ際は、さびにくく塗装が禿げないステンレス製の素材が安心です。

 

仕切りは必要?

大きなケージには、2階建てになっていたりして真ん中に仕切りがしてあることもあります。

シマリスを飼育するのであればこの仕切りはないほうがいいかと思います。

 

上下運動を良くするシマリスにとって仕切りがあると運動がしにくくなり、せっかくの大きなケージの広さが使いきれなくなります。

 

人間であれば、物置やキッチン、寝室と部屋を分けておきたいですが、シマリスにとっては開放されたスペースが好まれます。

 

実物の確認をする

ケージはインターネットで購入した方が安く購入することができます。

 

しかし、実物を見ないで購入すると思わぬサイズ違いや、網目の違いなどに気づかされることもあります。

できる限りペットショップで現物を見て購入するか、他の人が飼育用で使っているものと同じ型番のものを購入したいものです。

 

私が使っているのがこれ

実際に私が飼育しているケージはイージーホームのハイです。

ただし、これでは高さが少し低いと思ったので、バーベキュー用のアミを別途購入し、プライヤーで折り曲げてインシュロックで固定しています。

 

バーベキューアミであれば、イージーホームの上部の網の天板をそのまま使うことができます。

これで高さの確保が可能になり、広々とした空間にすることができます。

 

 

簡単に自作することができますので、是非お試しください。

 

ベビーのシマリスの場合は別

シマリスがまだ幼い場合は、金属網のケージではなく、保温性に優れた、プラスチックやアクリルのケースにすることが望ましいです。

 

四方がプラで天板が網になっている物もよいでしょう。

 

レイアウトのポイント

シマリスの飼育用品には藁の巣箱やかじり木など多くのグッズがあります。

 

飼育グッズをケージに設置することは大切ですが、それにって快適なスペースを奪わないように気をつけましょう。

 

ケージの底面がメッシュ状になっているものは穴に足を滑らせてしまうこともありますので、木の板や穴に落ちないようなものを敷いてあげるとよいでしょう。

 

クッション性のある床材を敷いてあげるのと足に負担をかけにくくなります。

回し車は必要?

運動不足を解消するために回し車を設置する人も多いでしょう。

個人的な見解になりますが、ケージが広いものであれば回し車は不要だと思います。

 

回し車を設置すると、それによって怪我をするシマリスが多くいます。

 

自然には存在しないものであるため、尻尾の毛を回転軸に巻き込んだり滑って落っこちたりします。

 

 

怪我をする危険性が多くあるため回し車の使用は控えた方がいいでしょう。

 

回し車を設置するとシマリスは昼夜遊び続けます。

 

人間がその音が気にならなければいいですが、寝る前や夜中にも走っているため、音が気になる可能性があります。

 

 

 

また、シマリスは走りながら糞尿をするため、回し車はすぐに糞尿で汚れてしまいます。

 

 

 

定期的な掃除が必要となりますので覚悟が必要です。

 

それでも回し車を設置したい場合はシマリスの体長が納まるだけのできるだけ大きな回し車にすると良いでしょう。

 

トイレ

トイレの設置場所は、ケージの奥や壁側にしましょう。

 

 

 

落ち着いて排泄ができる場所にして、トイレの砂が飛び散りにくいところが理想です。

 

通常のトイレでも問題はありませんが、砂の飛び散りやニオイの拡散を抑えるために、深いプラケースなどをくり抜いてあげると使いやすいトイレになります。

 

ハムスター用のトイレでは少し小さいかもしれません。

 

ロフト

ケージ内の高い場所でシマリスは食事をすることが多いです。

 

 

ゆったりと伸びをしたり、リラックスできるのもケージの高い場所です。ロフトを設置してあげることで、過ごしやすい空間ができます。

 

 

ロフトはぜひ取り付けてあげてください

 

大きめの巣箱でも上にのれるのであればいいかと思います。

 

コーナーには三角のものを設置します。

 

 

 

 

給水ボトル

給水ボトルはシマリスが少し体を起こした状態で飲める位置にすると、飲み易く、水もこぼれにくくなります。

 

水はこまめに入れ替えておきましょう、できれば2つあれば一方が目つまりしても安心です。

かじり木

シマリスの歯は伸び続けるため、木をかじったりしてストレスを解消するとともに歯も適切な長さに削っています。

 

高さの違う木を数本入れてあげるか、枝分かれした木があればそれを入れてあげるのもよいでしょう。

 

 

公園で拾ってきた木は薬や有害物質が添加されているかもしれませんので、煮沸して消毒し、よく洗い流してからしっかりと乾燥させて使いましょう。

 

まとめ

ケージを選ぶ際にはシマリスの気持ちになってできる限り広く大きなものを選んであげましょう。

 

また、ケージの掃除のしやすさや、エサの与え易さ、汚れにくさなども考慮して、住み心地の良いケージを選んであげましょう。ストレスのないケージレイアウトができれば生き生きとしたシマリスの姿が見れます。

 

-シマリスの飼育方法

PAGE TOP

Copyright© animal-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.