シマリスの飼育方法

シマリスの散歩と新しい遊び場

最近は、ペットサークルをプラバンで自作したので、シマリスを散歩させることが多くなってきました。

畳三畳ほどの場所ですが、元気に走り回っています。

今回は、ネットで購入したシマリスの遊び用のお家をご紹介いたします。

 

ハムスター用のハウスで散歩

ネット通販で購入したのは、ハムスター用のハウスになります。

発泡性のEVAような少し硬い素材でできた組み立て式のハウスです。

 

 

動物への安全性に考慮した素材のようで安心です。

 

 

ハウスは1階と2階が階段でつながっています。
しかし、シマリスにとっては少し小さいように思います。

 

階段を取り外しても、持ち前の身体能力で軽々とジャンプしますので階段は不要です。

 

ハウスの中に小さなくるみを隠してあげると、ハウスにはクルミがあると覚えてくれたようで、毎回散歩するたびに、念入りにハウスの中をぐるぐると探し回っています。

 

 

使ってみた感想

ハウスはハムスター用ですので全体的に少し小さく感じましたが、狭いところを一生懸命に探し回るシマリスの姿を見ていると遊び場所としては使えそうだと感じました。

 

2階まではハウスの裏からでもシマリスが立ち上がると登れてしましますが、登ったり降りたりを繰り返すことのできる高さのようで、ハウスのてっぺんまで行っておやつを食べたら、降りてきてエサを探すといった一連の流れができていました。

 

 

シマリスの散歩の注意点

シマリスを部屋の中で散歩させることはできますが、コンセントや電化製品、尖ったものや、人間の食べ物などモノがある場所では危険が多くあります

 

ペットサークルのようなもので囲うか何もない部屋で散歩させるのが理想です。

シマリスを散歩させる上で、糞や尿にも注意しなくてはなりません

 

 

 

シマリスは基本的には決まった場所で糞や尿をしてくれる賢い動物ですが、野生のシマリスのように広範囲を移動するシマリスは、走りながら糞や尿をします。

 

そのため、広い場所を散歩させているといたるところで糞や尿をします。

 

カーペットやラグににおいが染みつく可能性があることも覚えておいてください。

 

 

シマリスの遊び道具

トンネル


シマリスの遊び道具としてトンネルがあります。エサがあるか探したりするのにもぴったりで、隠れたりすることもあります。

ハムスター用のものであれば、何とか通ることができますが、できるだけ大きいトンネルの方が楽しそうにはいっています。

 

形状が変えられるものの方が散歩だけでなく、ケージ内でも使うことができます。

 

デメリットとしてはトンネル内でエサを食べると食べカスやひまわりのカラがトンネル内に残っているため、取り出すのに手間がかかります。

段ボール箱

手軽に準備できるシマリスの遊び道具として最適なのが段ボール箱です。

 

ひっくり返しておくだけで台にして登ったり降りたりします。

数か所 穴をあけてあげるとそこから出入りもするため、安価で工夫しやすい遊び道具となります。

まとめ


シマリスを散歩させて、軽く運動させることでシマリスのストレスを軽減させることができます。

身近なものでもシマリスにとっては遊び道具となり、楽しんでくれます。

 

遊んでいる姿はとてもかわいいので試してみてはいかがでしょうか

 

 

-シマリスの飼育方法

PAGE TOP

Copyright© animal-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.